FC2ブログ
親子の闘い
夜尿症(昼間遺尿)・精神的なものからの不登校。どうしたらいぃか答えがなく毎日話し合い考え、悩む親子の奮闘記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


始業式
母の心配をよそに、今朝は簡単に起きてくれた上に、かなり元気に学校へ行きました\(^0^)/

ドアが壊れんばかりに『ただいまぁ!!』と帰ってくるなり
今日お友達と遊んできていぃ?
って、おぃおぃ先に母に話すコトはないのかぃ...

聞いてみると、今度の担任の先生は話もわかりやすく話してくれるし、いぃ人そぉとのコト。

私も午後、先生と会う約束があったので、行ってきたけど
話してみた感じ、子供達を優先して考えてくれそうな先生o(^-^)o

まだまだ学年始まったばかりだから、この先どぉ変わるのかはわかりませんが...

まずは、息子が学校に毎日楽しく行ってくれるコトを祈って☆"
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


はじめまして。
私のところと似ているところがあるなと思って、ついつい最初から最後までぜんぶ(コメントまで)読んでしまいました。

ブログ全体にほんわか暖かい愛情が感じられて、素敵なブログですね。うちの子は、もう中学2年になりました。そして、硬式野球でピッチャーなどをして活躍しています。(親がいうことじゃない?)

子供が幼い頃、やはり夜尿で悩みました。(膀胱が小さいということはなかったのですが)
その頃、「こういう子は、小学校高学年くらいになると、立派な体格になるんだよ!」と励まされ、その時は半信半疑だったものの、実際、学校で一番背は高く、一番足も速い子に成長しました。りょぉまんさんの子も、今も大きい子なのだから、きっと大きくて頼もしい子に育っていくと思いますよ。

うちの場合、頻尿、頭痛、腹痛、吐き気など、時により、いろいろな症状が現れましたが、そのつど落ち着き、今に至っています。

おしっこが近いことは、私自身も子供の頃経験し、やはり、自分でおしっこをためる訓練をしました。そのおかげで、ずいぶん、たくさんためられるようになったと思います。

私の場合は、子供が低学年の頃、りょぉまんさんのような余裕の心が持てませんでした。でも、今少し心に余裕ができて、たくさんの経験を通して、学んだことを書いています。

ぜひ、リンクさせていただきたいと思いますので、よろしくお願い致します。了解も得ないでごめんなさい。
ふみごん | URL | 2006/04/11/Tue 20:52 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 親子の闘い. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。